読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4Wizards

魔法のようなテクニック・仕事術・便利ツールをご紹介。

キーボードショートカット【Mac版】本当に使ってるもの9選!

Macのキーボードショートカット、よくいろいろなまとめサイトでまとめが行われていますよね。

ただ、自分からすると面白半分で使いもしない物を載っけていたり、やたら数が多すぎたりであまりしっくりきません。

そこで、今回は【基本編】として実際に自分が主に使っているショートカットをご紹介します。

1.⌘C・⌘X・⌘V(コピー・カット・ペースト)

これは基本ですね。⌘Cでコピー・⌘Xでカット・⌘Vで貼り付け。

ちなみに、macOSとiOS10にて同じiCloudアカウントでログインし、双方Bluetoothをオンにしていれば、コピーした内容(クリップボード)の共有が可能です。 

2.⌘A(全て選択)

作業スペース内の項目を全て選択。マウスいらずですね。これも基本。

3.⌘Z・shift⌘Z(取り消し・元に戻す)

これも基本。Windowsから乗り換えた人は⌘Yを間違えて押してしまうことも多かったのではないでしょうか。

4.⌘B(太字にする)

Word関連で。メモ帳やWordファイルで文書作成をしていると、文字を太字にしたいことがあるかと思います。文字を選択して、⌘B。大事な所を強調できます。

5.⌘S(保存)

ささっと作業状況を保存したい場合。データのロストを防ぎましょう。

6.⌘P(印刷)

プリンタアウト。スマートに済ませましょう。

7.⌘W・⌘Q(ウィンドウを閉じる・アプリケーションを閉じる)

ウィンドウの左上にある赤いボタン、あんな押しづらいボタンを押す必要なんてありません。⌘Wでスマートに閉じましょう。

8.⌘長押し+Tab(アプリケーションの切り替え)

筆者が最も多様するショートカット。これ単体で、いちいちDockをクリックせずにアプリケーションを切り替えられる上に、アプリケーションを選択したままQを押すと⌘Qとしてアプリケーションを閉じる事ができます。

9.[Finderなどで]Space(ファイルのプレビュー)

最も素早くファイルの中身を確認する方法。画像などでよく使います。ダブルクリックしてプレビューなんか起動してるようじゃ遅いです。

`

おわりに

いかがでしたでしょうか?自分のよく使っているキーボードショートカットはありましたでしょうか。

一つでも知らないショートカットを知る事ができたのなら、あなたのMacライフはより快適になることでしょう。